Penguin Corporation of Japan
        



滝とクールミストは大量のマイナスイオンを発生させることが可能


滝は大量のマイナスイオンを産生することができます。「水」の水分子が滝で高圧力の衝撃により分解されると、水分子の密度が高まり完全にミスト化し、同時に新鮮な酸素とマイナスイオンを放出します。

呼吸により人体に浸透しやすいため、森林の中で呼吸し、皮膚がプラスイオンやマイナスイオンの交換を行うと心がスッキリとするのです (体内に大量のプラスイオンがあると疲れやすくなり、新陳代謝のスピ

ードが悪くなります)。そのため、マイナスイオンは空気中のビタミンと称されます。







マイナスイオンとは何でしょうか?


空気中でプラス電気を帯びた微粒子をプラスイオン、マイナス電気を帯びた微粒子をマイナスイオンと呼びます。人体がマイナスイオンを吸うと、

心肺の機能に直接作用し、血液の循環を増進と心臓の活力を促進して気持ちをリラックスさせてくれます。

人工霧をメインに、すがすがしい空気で荒野の谷間の自然の霧をまねた一種の景観とし、降温、加湿、集塵(埃を抑制する)を兼ねるものと

考えてみてください。その場合、霧粒子は比較的小さく、5〜10ミクロンが適しています。マイナスイオンは人工霧でも、寒い時期の霧でも発生

させることができます。その化学反応式は H2O—H++OH-。で、すなわち水―水素イオン+水酸化物イオンです。水はきわめて弱い

電解質で、微弱に電離することができ、水が電離した水酸化物イオンがマイナスイオンに変化します。

             








クールミストは昨今各業界においてなくてはならない製品です。


クールミストはマイナスイオンを製造できるだけでなく、人々に理想的な生活環境をもたらします。例として、牧畜生産場は最も管理しにくい生産場所です。夏になると高温による損失を減らすため、

高価な温度制御設備の中で養殖環境を改善させなければなりません。しかし、精鑚ドライミスト設備の場合、かなりの低価格で降温、消毒、加湿が可能、しかも多用途であるため設備1台で不必要

なコストを削減することができるのです。その他、工場やガーデンレストラン、庭園造景など、冷房設備の設置に適さない場所でも精鑚ドライミストを使用して環境改善や景観の効果を高めることができます。






戻る



inserted by FC2 system